人生を好転させたい|人生に関する哲学者の名言【人生設計】

人生を好転させたい。

そのヒントを哲学者達が言っているかもしれません。

人生に関する哲学者達の名言を紹介します。

 

 

人間は、目標を追い求める動物である。目標へ到達しようと努力することによってのみ、人生が意味あるものとなる。

アリストテレス

欲望は満たされないことが自然であり、多くの者はそれを満たすためのみで生きる。

アリストテレス

一羽のツバメが来ても夏にはならないし、一日で夏になることもない。このように、一日もしくは短い時間で人は幸福にも幸運にもなりはしない。

アリストテレス

幸福は人生の意味および目標、人間存在の究極の目的であり狙いである。

アリストテレス

 

 

人生の意味とは見つけたり発見できるようなどこかに隠されたものではない。それは自分自身で自分の人生に意味を与えなくちゃならない。

カール・ポパー

 

 

あなたは、あなたの一生以外の何ものでもない。

ジャン=ポール・サルトル

ひとは各々の道を創り出さなくてはいけない。

ジャン=ポール・サルトル

運命というものはその人自身が作りあげるものなのだ。

ジャン=ポール・サルトル

人間が死ぬのはいつも早すぎるか、遅すぎるかのどちらかである。しかし、一生はちゃんとケリがついてそこにある。

ジャン=ポール・サルトル

すべての答えは出ている。どう生きるかということを除いて。

ジャン=ポール・サルトル

 

 

私の人生哲学は、本質的には単純な言葉だが、「辛抱強く頑張る」ところにある。

ジョン・デューイ

 

 

人生は、後ろ向きにしか理解できないが、前を向いてしか生きられない。

セーレン・オービエ・キェルケゴール

人生は、解かれるべき問題ではなく、経験されるべき現実である。

セーレン・オービエ・キェルケゴール

 

 

よりよく生きる道を探し続けることが、最高の人生を生きることだ。

ソクラテス

人生は馬である。馬を乗りこなすか、馬に連れて行かれるかどちらかだ。

ソクラテス

一番大切なことは、単に生きることではなく善く生きることである。

ソクラテス

生きるために食べよ、食べるために生きるな。

ソクラテス

吟味されざる生に、生きる価値なし。

ソクラテス

人間に関することに安定などないことを忘れてはならない。それゆえに、繁栄している時には過度の喜びを避け、逆境にある時には過度の落ち込みを避けなさい。

ソクラテス

幼にして謙遜なれ。弱にして温和なれ。壮にして公正なれ。老いては慎重なれ。

ソクラテス

 

 

思考における、感情における、行為における一般化、連続的体系の豊かな拡がりこそが、人生の真の目的である。誰でも高等教育を受けた後で実業に身を投じた人は、何らかの副業、余技としての研究を追求すべきである。

チャールズ・サンダース・パース

 

 

素晴らしい人生とは、愛に鼓舞され、知識に導かれた人生だ。

バートランド・ラッセル

現実の人生というのは、大抵の人にとっては、じつに長い次善の人生である。つまり、理想と可能性との永遠の妥協である。

バートランド・ラッセル

浪費するのを楽しんだ時間は、浪費された時間ではない。

バートランド・ラッセル

 

 

人生は劇場で有るかの様に過ごすべきだ。

プラトン

 

 

「なぜ生きるか」を知っている者は、ほとんど、あらゆる『いかに生きるか』に耐えるのだ。

フリードリヒ・ニーチェ

人生に対してもっと大きい信頼を寄せているなら、おまえたちはこれほど瞬間に身を委ねることもないだろうに。

フリードリヒ・ニーチェ

人は常に前へだけは進めない。引き潮あり、差し潮がある。

フリードリヒ・ニーチェ

世界には、きみ以外には誰も歩むことのできない唯一の道がある。その道はどこに行き着くのか、と問うてはならない。ひたすら進め。

フリードリヒ・ニーチェ

 

 

一日一日を大切にしなさい。毎日のわずかな差が、人生にとって大きな差となって現れるのですから。

ルネ・デカルト

人生を好転できるヒントがありましたでしょうか?

自分は何のために生まれてきたのか。これを機に考えてみるのもいいかもしれません。