ペンギンのポエム

ペンギンのポエムです。なにか思ってもらえたら嬉しいです。

いまからにげる

今から逃げて未来を願う。

今から逃げて過去を恨む。

今はぼくに手を差し伸べている。

まず、その手に触れて、

今と触れあえば、何かが変わる。

今はやることで溢れている。

未来や過去に囚われている場合じゃない。

さぁ今と遊ぼう。

じぶんのちから

ぼくたちはこれから先の見えないものを考えて、不安になる。

そして、足がすくみ何もできなくなる。

でも、これから先のことを見ようとするから、

そばにある見えていないものがある。

それは、

じぶんのちからだ。

 

鑑定レベル

ぼくたちは自分の鑑定レベルでしか、ものごとを捉えられない。

世界や人のいいところがわからないのは、自分の鑑定レベルが低いから。

だから、色々なものを見て、勉強して、鑑定レベルを上げる。

そして、

色眼鏡も外して、自分の目で世界を見るんだ。

 

ライトアップ 1

昔は部屋に閉じこもり、外に出ることが怖かった。

でも、今はもう走り出している。

暗闇の世界で、次に出会う驚きに期待しながら。

それは、周りで道を照らしてくれる人達がいるから。

その光のおかげで、突き進む事ができる。

 

ライトアップ 2

その光を理解できたのは、光になりたいと思ったときだった。

多くの罪を犯したし、それに見合う罰を受けたとも思っていない。

ただ、そんな僕でも光を求めてもいいんじゃないかと、

今はそう思ってる。